会社に入社してからも勉強の日々

勉強って学生だけがやるものでしょ?と考えていましたが、私のそんな考えは甘かったです。
私が入社したのはIT関係の会社でした。 テレフォンオペレーターとして、お客様の疑問に電話でお答えするという仕事でした。 インターネットのことは自分でも普段使ってるのでよくわかるし、そんなの勉強しなくても出来そうだと思ったのですが、 現実は全くそうではありませんでした。
勉強しないと絶対に付いていけません。 どこの職場でもそうだと思いますが、私の職場では覚えなくてはならないことが山積みでした。 やっと覚えたと思ったら、また新しい仕事が入って来て新たなことを覚えなければならないなど、日々勉強でした。 簡単なことならすぐに覚えられますが、IT用語なので私に取っては難しいことばかりで大変でした。
難しいと感じるのは私だけではなかったようです。 やはり、覚えることがあまりにも多くて辞めてしまった方も結構いるのです。 この仕事は座って出来るので楽だと思っていましたが、勉強嫌いにはあまりお勧めはしません。 逆に勉強してスキルをあげたい方にはやり甲斐のある仕事だと私は思います。
最初の頃は毎日が勉強という感じでした。 質問してはノートにメモをするを繰り返していました。 私はメモをしても何をメモしたのかすぐに忘れてしまいます。 上司に同じことを何度も質問をしていたようで、よく怒られていました。 「2回目までは答えるけど3回目は応えないよ」と厳しく言われたものです。
私は質問は一度すればそれで済むように必死にノートを読み返して勉強しましたが、それでも忘れて質問ばかりしていました。 でも私の仕事の場合、ノートに書いて読むのも良いですが、実際に電話を受けてみることで凄く身に入るのです。 だから私は少しでも多くの電話を受けようと努力しました。 本当に大変でした。
覚えることが多い会社だったので、職場で使用しているパソコンのツールに、勉強用のソフトも入っていました。 空いている時間にはこの勉強ツールをやらされましたが、あまりにも難しくてとても頭痛がしました(苦笑)。 今は事情があり、この仕事を泣く泣く退社してしまったのですが、色々覚えることが多くて大変だったけどとても良い経験になりました。 会社で勉強したことは無駄になりませんでした。



スペシャルサンクス