絶対にやってはならないスパムの手法!!

まずは、コンテンツスパムの代表的な3つの手法についてご説明します。 サイトの内部要素に対するスパム行為は下記のとおりとなります。
―――――――――――――――――――――
WEB上では見えにくい(または見えない)文字を使う ページ内に特定のキーワードを埋め込み過ぎる タグを乱用する
―――――――――――――――――――――
このような行為は、知らず知らずのうちに使ってしまっているということも良くあることです。 ではこれらの行為が具体的にどういうことなのかということ説明します。儲かる情報・裏情報はインフォトップスへ http://server-blue.xsrv.jp/ 
――――――――――――――――――――――――
WEB上では見えにくい(または見えない)文字を使う
――――――――――――――――――――――――
ウェブ上に表示されたときに、人の目には見えにくい(または見えない)文字を記述することです。
  例えば、背景色と同じ色や、背景色に近い色、人には読めないほどの小さいサイズで文字を表示することも同じようにみなされる可能性があります。 また、CSSを使ってブラウザの表示からはみ出してしまうことや、表示以外の部分にテキストを記載することも可能性があります。
なぜこれがスパムとみなされるのかは、SEO 対策 無料検索件数の多いと予想されるキーワードは当然のことながらSEO対策を行ううえでも非常に難易度が高いのはお分かりかと思います。
そこで、そういったキーワードを隠し文字として列挙しておくことで、無関係な検索キーワードでの検索結果にもヒットさせられることができるということです。
これを許すと、正しい検索結果が表示できなくなるため、検索エンジンはこの方法を嫌い、スパムとみなすということになります。
――――――――――――――――――――――――
ページ内に特定のキーワードを埋め込み過ぎる
――――――――――――――――――――――――
とことんSEO対策するぞ!とばかりに「頑張りすぎた」結果、スパムになってしまうという理由の第一に挙げられるのが、 ページ内へのキーワードの詰め込み過ぎです。
SEO対策においては、確かにHTML内の各タグの中に必要なキーワードを書き込んでいくことが重要であることは間違いありませんが、 書き込んだキーワードが余りにも多すぎたりすると検索エンジンスパムとみなされることがあります。
例えば、タグ、SEO 対策 無料タグの中が同一のキーワードだけであったり、また、画像のの中にキーワードを詰め込む行為もスパムですし、 画像とはまったく関係のないキーワードを書き込んでしまうのもスパム行為となります。
また、それだけではありません。タグの中の本文に関しても、キーワードだらけの日本語として不自然な文章で書いてあるようなものや、 キーワードとキーワードがあまりにも隣接しているものもスパム行為とみなされます。

先にも述べましたが、キーワードの出現頻度は5%前後が良いとされていますが、あまりこの数字にとらわれ過ぎることもよくありません。 とは言え、20%を超えるようであればスパムと判断されると言われていますので、その比率は常に注意するべきです。
もっとも、SEO 成功報酬一つの文章にキーワードが20%も入っていれば人が読んで決して自然な文章とは言えないものですので、 まずは自然な文章の流れになっているように心がけることが大切でしょう。
――――――――――――――――――――――――
タグを乱用する
――――――――――――――――――――――――
タグは、フレームに対応していないブラウザに代替テキストを表示させる役割を持ち、 タグはJavaScriptが動作しないブラウザのために代替テキストを表示させる役割を担うものです。
これらを通常の使い方で用いるのであれば問題はないのですが、これらのタグにキーワードやアンカーテキストを詰め込むことによって、 「隠し文字」と判断されて検索エンジンスパムとなることがあります。

次に、外部要素のスパム(リンクスパム)にはどのようなものが挙げられるでしょうか。格安 SEO 対策特に外部要素のスパムは違法な方法で被リンクを増やすことを言います。
主に下記のようなものがあります。
――――――――――――――――――――――――
隠しリンク
リンクファーム
リダイレクト トラックバックスパム、コメントスパム
ドアウェイページ
――――――――――――――――――――――――
被リンク獲得はSEO対策にはなくてはならない施策です。 早く上位表示を目指したいが故に、こうしたスパム行為に及んでしまうこともありますが、 これをやってしまうと、後で取り返しのつかないことになることもまた事実です。
リンクそのものは同じようなテーマのサイトからリンクを獲得することが検索エンジンからの評価を得ることになりますので、 短期間で大量のリンクを集めるような事はまったく意味のないことだということを理解して下さい。
では、これらのスパムがどういうものなのかをご説明します。
――――――――――――――――――――――――
隠しリンク
――――――――――――――――――――――――
隠しリンクとは、コンテンツスパム同様、SEO 見積もりサイトの背景と同じ色の文字で設置されたリンクです。 同じでなくても似た色でも、スパムとなってしまう可能性はあります。
――――――――――――――――――――――――
リンクファーム
――――――――――――――――――――――――
通常、リンクを得るためには、相互リンクをしたり、またブログのトラックバック等を行ったりするのですが、 自分自身で大量のウェブサイトを作って、それぞれを相互にリンクさせたり、また自分自身ではなくても、 不特定多数のウェブサイトの管理者が相互にリンクを貼り合うことをリンクファームと言います。
確かに、リンクの一つの手段として、自社で制作したサイト同士をリンクしあっていくことも大切なのですが、 あくまでもテーマに合ったサイト同士のリンクはリンクファームとはみなされません。
単に被リンク獲得のためにテーマ性の共通点の見出せないサイトが大量にリンクを貼り合うことが検索エンジンスパムとみなされるということです。
被リンクの獲得はSEO的にも非常に有効な手段だけに、自動的にリンクを獲得するノウハウやツールが多く公開され、 また販売されていますが、今後はそれらの取り扱いに注意をしていく必要があります。
――――――――――――――――――――――――
リダイレクト
――――――――――――――――――――――――
リダイレクトとは、あるサイトに来たユーザーを自動的に全く異なるサイトに移動してしまうものです。 本来、リダイレクトとは通常はURLを引っ越した時などに前のページから新しいページへの転送をするために使われるものです。
――――――――――――――――――――――――
トラックバックスパム、コメントスパム
――――――――――――――――――――――――
ブログを開設している方の多くが経験していることだと思いますが、 自分のブログに対して書いたテーマとは全く関係のない記事がコメンとされていたり、またトラックバックされていたりすることがあると思いますが、 これがトラックバックスパム、グーグル SEO対策 集客コメントスパムと言われるものです。
多数のブログに対して無作為に、自動的に書き込むことで大量にリンクを得ることができるために、 こうした行為が行われるようになりました。
こうしたトラックバックやコメントは、ブログ運営者から見れば「迷惑行為」ですが、情報交換の手段としてのツールであるとすれば、 明確に検索エンジンスパムなのか明確な概念はありません。
無論、確実に対応する手立てはないのですが、URLやキーワードによってコメントやトラックバックを受け付けない機能等を利用していくことで、 ある程度は措置を取ることができます。
――――――――――――――――――――――――
ドアウェイページ
――――――――――――――――――――――――
ドアウェイページとは、サイトのトップページのみを別のドメインで大量に作って、同じサイトの入り口を増やすことです。
つまり、SEO 上位表示検索結果には異なるドメインではあっても同じトップページが並ぶことになるため、他のサイトが検索結果から飛ばされてしまうというものです。
--------------------------------------------------------
スパムでなくてもSEO的に不利になる行為
--------------------------------------------------------
スパムにはなりませんが、検索エンジンがサイト情報の入手をし難くなってしまう行為があります。 当然それは、検索結果にも影響を及ぼしてしまいますので、それらは避けるべきであり、またすでにそうした行為に及んでいる場合は改善をする必要があることをご説明します。
――――――――――――――――――――――――
文字を画像にしているもの
――――――――――――――――――――――――
検索エンジンは、サイト内のタグとテキストデータからそのページが何について書かれているものなのかを判断します。 画像の場合でもタグ内にある タグで書かれているテキストを読み込みますが、画像そのものは何のものかを判断することはできません。
文字を画像にしているページを利用しているサイトを見ますが、この画像部分の文字を検索エンジンが読むことはありません。 また、ページそのものが画像というものもありますが、これらは検索結果にはまったく反映されません。
文字は基本的にテキストで書くべきですが、デザイン上どうしても画像を使わねばならないこともあるはずです。 その際は必ずキーワードを含んだ文章を の中に加えることが必要です。
――――――――――――――――――――――――
ページにフレームを使う
――――――――――――――――――――――――
フレームとはひとつのページ内に複数のページを表示させる方法です。かつては広く一般に使われていましたが、最近はかなり減少してきました。 SEOそのものがそれほど普及していなかった頃は、 ナビゲーションとコンテンツを別々に管理できるのでメンテナンスが楽であったためサイト制作には一般的に利用されてきました。
しかしフレームを使うと、SEO キーワードサイトとして最も重要な「index.hml」が、フレームの配置の情報だけになってしまうため、 何のサイトであるかまったくわからずSEO的に非常に不利になってしまうのです。
――――――――――――――――――――――――
GCI等で動的ページを作る
――――――――――――――――――――――――
ブログのSEOでもご紹介しましたが、動的ページは検索エンジンが読み込みを不得意としています。 年々改善されてはいますが、 URLの中に「?」、「=」、「%」といった文字が含まれているとインデックスされにくいという現状が起こります。
この問題を解決するためには、動的なページを生成するWordPress等では、「.htaccess」ファイルを組み込み、 パーマリンクの設定という施策をし、動的ページと見せないような工夫で対応します。