ニキビ跡と闘う日々は苦痛すぎるって!

まさか30歳になって『ニキビ』に頭を痛くさせられるとは夢にも思いませんでした。
今年に入ってからこれまでに加えて仕事で慌ててばかりでしたけど、肌が荒れている実感はなく、全然気が付かなかったんです。
と言うよりは、私ってデリケートと言われる学生の頃から、肌トラブルとは無縁でニキビで苦労して悩んだことは無いに等しいものでした。
おでこが前髪で隠れるとニキビがぜんぜん治らない。。
なんて言う、ニキビを気にしている友だちたちの言っていることに随分と他人ごとで気遣っていた覚えがあります。
それが今になって、おでこに恥ずかしいニキビお出まし。
この年齢だとニキビと言う表現は認められないかな?けどニキビと言っておきます。
これまでの人生ニキビに苦しまずに済んだので、これが初めてって感じなので、どう処理したらいいか分からない。
アクネ系の肌ケア用品は経験ないし、保護の方法も知らない。
沖縄もずくフコイダン
ふれちゃダメって分かっていても、なんせ気になるに決まってる。
もちろん、週5~6はお化粧するので、基礎化粧をしたとしてもファンデ等がお肌のことを考えると悪いことをしているだと思っているけど、お化粧しないわけにいかず、いま思うとお肌をめった打ちにしていたのかもしれません。。
と言いつつも毎朝化粧するのはそうする他ないですから!それで、スキンケアに詳しそうな友だちに尋ねまくった結果、清潔にすることとと、きちんとアクネケアをすること。
ただ・・・途轍もなく時間がかかったかかった。
おおよそ治ったかも?って思ったのは、にっくきニキビが出現してから60日はかかりました。
必ずお風呂に入ってお布団に入る前にアクネ系の塗り薬を使用しました。
他にも誰かに会う予定がないときは、社内で塗り薬をつけていました。

女友達からは、「本当に怖いのはニキビ跡だからね」なんて怖いことを死ぬほど言われまくったので、ひたすら祈るはニキビ跡ができないでほしいということ。
そんな祈りもむなしくニキビ誕生からかれこれ5ヶ月、何を隠そうニキビ跡になりました。
いまもニキビだった所が、ポツンと茶色くなってしまったんです。
「結構時間かかると思うから、もう少しかかって消えるはず」と言う微かな期待を聞いたので、その後も続けてひたすらアクネのクリームは塗ってたんですが、5ヶ月ですから。
微かな希望を「この物体はニキビが消えるためにがんばっている」ではなく、まさにニキビ跡ということと分かってます。
このワガママニキビ跡と死ぬまでいっしょに・・・と思い出しては、ニキビができる前からも含めケアできなかった自分を悔やんじゃいます。
無知な自分がみじめな思いです。
クリニックに行ってみるとか、いまさら思ってますが、低コストでニキビ跡を消すことはできないのかと毎秒考えています。鏡を見るたびに辛いですから。

スペシャルサンクス